2016年10月15日

2016収穫

yasai.jpg 

先日種まきした大根が、一列に芽をだしていると思っていたのに・・・
ちらほらしか、生育していないのです!!
朝食のおにぎりを食べながら、”おねば”を眺めていました。
すると、新芽の真ん中で直径3oから4oの紺のピカピカ光る虫がうずくまっていました。
なんと、一生懸命、新芽を食べていたんです!!
この小さな虫の胃はどうなっているんだ!と驚きでした。
(阿波弁でいうなら、”おぶけた”)
「みみずだって あめんぼだって この虫だって みんなみんないきているんだ 友達なんだ〜・・・」と詠いながら、捕まえようか、迷いながら、しばらく眺めていました。
ほんの1〜2分、目を離したすきに、もういませんでした。
飛んでいったのかなぁ?と言いながら、そこらへんを歩いていないかと探してみたり、もう一度出会いたい虫でした。

今日の収穫は、ピーマン、ししとう、、ミニトマト、かき、みょうが、カボチャ、にら、すだち、ゆこうなどなど
主がいないミニ耕運機がさみしそうです。
このミニ耕運機は、ダッチロールするし、後ろ足がピョンピョンはねるし、四苦八苦する主人の姿に大笑いした日から早三年が過ぎました。
でも、私、収穫した作物をみる嫁の笑顔に癒され、大好きなピーマンの明太子炒めが食べられると思いました。
”こぉっつあん”(高超山)の向こうの夕暮れは、美しい!!
いずれも同じ秋の夕暮れと感じながら、家路につきました。
posted by 大女将 at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭菜園・果樹園

2014年05月23日

うの花満開

IMG_20140523_191741.jpg

今年も見事に咲きました。
posted by 大女将 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国三郎近況

2013年06月10日

きれいでしょぉ??!

IMG_20130610_111911.jpg
IMG_20130610_111958.jpg


我が家の庭で咲きましたぴかぴか(新しい)

満足るんるん
posted by 大女将 at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭菜園・果樹園

2013年05月13日

やまとなでしこ??

四国三郎農園には、しょうぶ・しゃくやく・なでしこが咲いていますかわいい

なでしこは、”大和なでしこのような人”とかよく言いますよネ(^^♪

淡いピンクの優しくて可憐な花をつけています。
だから”大和なでしこ”とか”なでしこジャパン”とかいうのかなぁ〜??!

主人にそういって、話題をなげかけてみましたグッド(上向き矢印)

いつも話しにのってこないのに・・・・
目「そうじゃのう〜!!まぁ、お前には、縁のない言葉じゃけどなぁ」わーい(嬉しい顔)


ちっ(怒った顔)悔しかったので、花を生けるとき、短くちょん切ってやりました。


IMG_20130514_004543.jpg

「おお・・・かわいいなぁ」って主人が。
短いテーブル花になった”なでしこ”でしたぴかぴか(新しい)



昔は(江戸時代の初めの頃)、
五月の節句には、竹しょうぶ・なでしこ・よもぎをを用いていたと書かれていました。

なでしこの若葉は、細い茎の節々に、細い葉をしなやかにつけて、美しい身のこなしを
思いおこさせるらしき・・・
花の時期は、5〜7月

しゃくやくは、茂った葉の中から、花首が立ち伸びて、花がわずかにほころんでいる頃が、
最高の風情を魅せる。

うん!!なるほど!!と思いました。


立てばしゃくやく・・・といわれるのがわかる気がしました。
つぼみのうちに切って、お店に生けましたかわいい



絹さや・チマサンチェ・レッドファイアー・夏大根を収穫しました。


毎年のことなのですが・・・

主人が絹さやをちぎる役をします。
茎をあっちこっちへ倒して、実を見つけます。

ちぎった後の茎は、根の元までぐらぐらで苦しそうです。
でも、また2〜3日後には、新しい実が大きく成長してくれていましたぴかぴか(新しい)
posted by 大女将 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭菜園・果樹園

2013年04月25日

地震(>_<)

先日の早朝、徳島市震度4の地震がありましたがく〜(落胆した顔)

びっくりして、慌ててテレビを見ました。

そこへ、長男が別宅から様子伺いに来てくれました。わーい(嬉しい顔)

「母さん、心配ないか??、大丈夫かぁ??」

「うん、大丈夫」
小さな声で、「残念!!まだ生きてるぞ〜」と言いましたわーい(嬉しい顔)


長男は何も言わずに帰って行ったから、聞こえなかったんだろう〜、ふぅあせあせ(飛び散る汗)



日曜日に、四国三郎農園へ行きました。

南瓜5本、きゅうり3本、パプリカ2本、西瓜3本、マクワウリ2本、
唐辛子2本、甘長2本、ししとう2本、トマト5本植えました。

米ぬかをたっぷり入れて、鶏糞を入れてるんるん

今年もまた、主人のゴルフクラブとウッドカバーのキャラクター〈目がぎょろりとした動物なんですよふらふら〉が、カラス除けの役目をしてくれると思います。

腹ぺこ青虫は、わずか3センチなのだけれど、キャベツや夏大根の葉をパリパリと食べて、からすよりやっかいなんですよ、実は・・・(T.T)

大きく育つのが楽しみですかわいい
posted by 大女将 at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭菜園・果樹園

2013年01月09日

えべっさん

本日1/9から、10、11日は、恵比寿祭りです。

私たちは、「えべっさん」のお祭りということで、毎年楽しみにしてきましたわーい(嬉しい顔)

孫は、1日1〜2回、3日間、えべっさんに通いまするんるん
屋台のたこ焼き、ハンバーグ、とうもろこし、いか天、くじ引きと買い物に大忙しですあせあせ(飛び散る汗)
孫たちは、えべっさんの神社の中で手を合わせたのかしら??、これは、じいじとばぁばの毎年の会話である。


商売繁盛、五穀豊作、海上安全、大漁満足、福徳円満、その上に、縁結びを祈願する人々で大にぎわいであろ。

えべっさんの正式名は、

事代主神社〔ことしろぬしじんじゃ〕
事代主命と大国主命をまつるえべっさん。


お祭りの帰りには、四国三郎の美味しいお食事はいかがですか??!(*⌒▽⌒*)
えべっさんといえば、鯛を手に持っている姿を絵馬などでよく見ますが、


鯛が美味しんです(*⌒▽⌒*)!!!

鯛しゃぶ、お造り、カルパッチョ、二年生くらいの25cm〜27cmの小鯛のやきものやあらだきなどハートたち(複数ハート)
また、今日は、足赤海老の美味しい大海老が入荷しております(*^_^*)
このエビも、今年、跳ねる、ハネル、ハネル
足赤海老で、一躍飛躍!!!


これらは、えべっさんならではのお料理だとおもいます。
縁起のい〜〜〜〜〜いおさかなを、食べに、ぜひ四国三郎へいらしてくださいねぇ〜♪るんるんぴかぴか(新しい)
posted by 大女将 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国三郎近況

2012年09月12日

ハヒフヘホ♪(*⌒▽⌒*)

先日の日曜日のことです(*^_^*)

今日は、仕事を分担して、短時間ですませようと云うことになりました。
「じゃぁ、お父さんは、かぼちゃの水やりだけしてね」
私は、ピーマン、ししとう、トマト、茗荷の収穫。
少し草取りをして、早く家路に・・・、そして、ひと風呂浴びて、
美味しい料理を食べるぞ!!と思いながら、
ピーマンとトマトの間に立っていました。
主人は、長い長いホースを引っ張って、水道の元栓を開けていました。
すると・・・

突然・・・

がく〜(落胆した顔)・・

大声をあげて・・・

体を一回転させて全身ずぶ濡れに・・・もうやだ〜(悲しい顔)


な、な、なんと・・・

ホースの継ぎ目が外れて・・・

水全開のホースの先が、ピーン・ピーンと跳ねていますあせあせ(飛び散る汗)

水をたっぷり、と・ば・し・な・が・ら

ボーゼンとなるがく〜(落胆した顔)主人の靴紐の上に、もう一つのホースの水がポタポタたらーっ(汗)

これで、頭から靴の中まで、”水もしたたるイイ男”に・・・(笑)



とっさに、私は、見て見ぬふりをすることにしましたわーい(嬉しい顔)
急いで草取りをしながら、トマトの枝の中へ頭を突っ込み、隠れて大笑いわーい(嬉しい顔)しました。

主人が、「かあさん!!、かあさん!!!、ホースが外れて、ピーンと跳ねて、へびみたいにうねって、全身ずぶぬれになったわちっ(怒った顔)

私「ほんまのへびでなくて良かったな」・・・って言い
またまた。笑い顔をピーマンの枝の中につっこで、笑いましたグッド(上向き矢印)

久しぶりに、農作業中、ハ・ヒ・フ・ヘ・ホ・・・とハ行の全部の笑いがこみ上げましたわーい(嬉しい顔)

その後、主人は一日中、私を見る時は、不機嫌そうちっ(怒った顔)でしたあせあせ(飛び散る汗)


夕食は、プチトマトに十字の切れ目を入れ、お湯をくぐらせ、皮をむいて大サービスハートたち(複数ハート)
この時だけは、一言「甘くて、美味いな」って言いました。
posted by 大女将 at 12:45| Comment(1) | TrackBack(0) | その他

2012年09月11日

茗荷

茗荷.JPG


今、三郎農園では、茗荷が豊作ですわーい(嬉しい顔)
秋茗荷を三年前に植えました。
新芽には、独特の香りがあり、芽の香が転じて、”茗荷”と云うと本で読んだ事があります。

葉は、細菌の繁殖を防ぐ作用があり、おもちや団子を包むと良いそうです。
お造りや麺の薬味に、天ぷらや汁の具、酢味噌和えなどに美味しいです。
又、葉をそのまま袋に入れて、お風呂に浮かべると冷え性や痔に効果があるそうです。

当店では、春茗荷、秋茗荷ともに、かつおのたたきの薬味として、なくてはならないものになっております。
今、旬の”もどりかつお”は、血液をきれいにすると云われている玉葱の中へ、青しそと秋茗荷を刻み込みます。
にんにくを加え、すだちのさぶちゃんポン酢でお客様にお薦めしております。
すだちも今、一番香りが良い時で、徳島のかつおのたたきは、味付けにパンチがきいて、スッキリしております。
高知県のたたきとの味の違いを少し実感していただけると思います。
一度、当店で食べ比べてみおてくださいませかわいい

日本には、四季折々に香りを感じさせてくれる”すだち””ゆこう””ゆず”
また、山野草や野菜がたくさんあって嬉しいですね。
例えば、ミツバ、赤しそ、実山椒、クコの実、
「たでくう虫も好きずき」と云われる”やなぎたで”など。
先日、お客様より鮎を頂きました。
鮎といえば、”たで酢”で食べるのが最高の料理。
たでの青い葉をすりつぶし、酢で割って、焼き鮎を食べる、これは、鮎の高級料理です。
posted by 大女将 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭菜園・果樹園

2012年04月12日

椿

IMG_20120412_105432.jpg


庭に椿が咲きました(*^▽^*)
淡いピンク色。
何ともいえない優しいピンク色です。
10年くらい前、子供からもらい、庭に挿し木していました。
posted by 大女将 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭菜園・果樹園

2012年04月10日

柱のキズは・・

先日、娘夫婦が居間の入り口の柱に、子供の背丈を印しつけをして帰りました。
我が家の3人の子供、親戚の子供に、主人の友人の子供、そして孫5人の背丈の印と名前が書き込まれています。
それをみながら、いつの間にか、
「柱のきずは、おととしの、五月五日の背比べ、ちまき食べ食べ兄さんが・・・」
今年の5月5日には、孫三人(男の子)の為に、サンキライの葉で”かしわもち”もどき??を作ってみようと思っています。
喜ぶのか、嫌な顔をするのか楽しみです。
昔からの風習もばぁちゃんが教えるのもいいかなぁと思うのです。

”ちまきと柏もち”
5月5日の端午の節句の日
男の子の厄除けと成長を祈願して昔からちまきや柏餅を食べる風習があります。
ちまきには、粘り強くなるように。
柏の葉は、若葉が出たら、古い葉が落ちる事から、跡継ぎを見届けるという事で、
家系が途絶えないと縁起の良いものとされています。
縁起を担ぎ、端午の節句に食べられてきました。

話は変わりますが、私が小学5年生の時、学校でカレーを作りました。
鶏肉・じゃが芋・人参・玉葱を炒めて、カレー粉と少しの片栗粉を混ぜ合わせ、
とろりとしたカレーが出来ていました。
時は流れ、50年が過ぎ、孫に昔のカレーを食べさせましたが、もくもくと何も言わず、
食べてくれました。
後日、また「今夜はカレーにしようかなぁ」と言うと、
孫が、「ばあちゃん、昔のカレーにはせんといてな!!」と一言。
あぁぁぁ、昔のカレーは、まずかったらしい・・・。
「美味しくなかったの?」
「うん、からいだけじゃったわ」

私は、明治生まれのばあちゃんが、「長生きしたらこんなうまいとろとろの汁を食べることが
出来た」と言ってくれたことを思い出しました。
当時、ハチ印のカレー粉?でカレーを作る我が家は、モダンな家庭だったんよと
そんなことを言っても、理解できない孫達でした。
posted by 大女将 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国三郎近況